Last Updated 2015.5.26

「安心」を生み出す為のイルミネーション 本来ですと、イルミネーションは冬の風物詩として捉えられており、近年ではクリスマスが近い時期から
都内の大規模なイルミネーションや、遊園地や観光施設の派手なイルミネーションが開催される様になり
例年冬になると、雑誌やテレビ等のメディアで取り上げられる機会も増えます。 かく言う私も、最初は集客の
為のイルミネーションですので、何の疑問も持たず 冬の企画から施工メンテナンス、春の撤去迄を行ってきました。
しかし、根本的なイルミネーションの意味や歴史を紐解くと、必ずしやそうでも無く、本来は冬の街路の安全を
確保し、街路の街灯などを補う為に行われているのが本来の目的です。ただ、確かに冬は夜長ですが、統計等で
見る犯罪率は、むしろ春〜夏にかけての間の方が多いのです。
そこで、当社では、一年を通して安全安心を確保出来る、通年型のイルミネーションを施工する事をオススメして
おります。樹木(街路樹)ですと、年に1回 秋頃が枝葉が良く延びますので、その間にメンテナンスを行い、また
主として発光ダイオード(LED)の白/青色を使用する事により、長いスパンでの運用で、街の安全を確保します。
イルミネーション製品は、業界では例年秋口に輸入しての販売となるので、冬には在庫が品薄になりますが、当社
では、一年中安定した在庫を確保しており、また永年使用も考え、仕様変更の極力無い物を使用しております。
また、イルミネーション製品のみの販売もしておりますので、お気軽にお問い合わせください あと、もちろんですがテーマ性のあるイルミネーションも、企画施工行えます。こちらもお問い合わせください 2014.10
屋内外イルミネーション受付中
イルミネーションは、街路や その場所の安全を目指して設置されるべき物だと考えます。冬期やクリスマス限定での
設置も、季節問わずの設置も、どちらも対応可能です。また、通年安定した製品在庫を手配出来ますので、お気軽に
ご相談ください